セブ語学留学 CEGA

新しい学習スタイル、DMEメソッドを採用したユニークな学校

 

セブ語学留学

セブ語学留学

CEGAの生徒のみなさん、CEGAスタッフ、授業風景、宿舎になるホテル(学校から30秒)

CEGAに参加したYUKAさんの感想文

スタッフが教えるこの学校の特徴と、オススメポイント

1)学校の規模による、メリット、デメリットはどちらもあると思いますが、CEGAは小規模~中規模に属します。小規模の良さを活かしながら、多様な経験を生徒のみなさんに提供することに日々努力しています。規模に関しての「メリット・デメリット」はこちらをごらんください。

2)CEGA学校の場所、周りの環境。

CEGAはセブ市内の中心部という便利な場所に位置しています。レストラン、ファーストフード、地元の食堂、コンビニ、スーパー、デパートなどはすべて徒歩圏内にあります。

 3)コースはマンツーマンのみと、グループ2時間を含めた混合コースで選択できます。初心者はグループ授業についていけないことがあり、まずは英語に自信をもてるようになるまでマンツーマンオンリーのコースからはじめられることをおすすめします。学習効率という面でいうとグループ授業はマンツーマンに劣りますが、グループのなかで自分が発言することで、英語の発信力を鍛えたり、また他の生徒さんの発言を聞いて参考になることも多く、グループならではのメリットもあります。

 4)CEGAの教室は個室タイプです。個室タイプのメリットは他の授業の音が聞こえず、授業に集中できる。また、特に初心者などは自分の発言などを先生以外に聞かれたくない羞恥心が特に日本人にはあります。そのあたりの心理的負担を軽減し、間違いを恐れずに堂々と自分をアウトプットしてゆける環境が個室タイプにはあります。
オープンスタイルのメリットは、生徒にとってというよりも管理者にとってあります。授業中の先生を見渡せるので管理しやすい、設置コストが安いというメリットがあります。ただ生徒目線でいくと、リスニングの授業ができない。スピーキングを他人に聞かれたくないという羞恥心が払拭できないなどのデメリットがでてきます。

 5)英語の学習方法の特徴、カリキュラムの組み立て方で力を入れている部分:

マンツーマンの利点を最大限に生かした、スピーキングの授業に最も力を入れています。CEGAのメインカリキュラムはDMEメソッドというスピーキング力とリスニング力の短期向上に特化したダイレクトメソッドを採用しています。生徒さんの英語学習目的や強化したい部分によって向き不向きもありますが,インプット力(リーディング)はある程度あるもののアウトプット力(スピーキング)がなかなか伴わないという典型的な日本人の方には最適なカリキュラムと自信をもって言えます。


先生が質問したことに対して、イエス、ノーだけでなくフルセンテンスで、即座に応答できるようになることを目標としたメソッドで、その訓練(これは勉強というより訓練のようなものです)を愚直に続けることにより、頭の中で日本語を介さず英語思考だけで、会話のキャッチボールができる、いわゆる英語脳を獲得できるようになります。また、日本人スタッフによる生徒さん一人一人へのカウンセリングを行い、留学の目的、目標英語レベル等を確認しながら、その方に適したカリキュラムを案内しております。

6)学生の学習を効率よくするために、工夫していること:

勉強方法の見直しを、担任が生徒さんと話しながら行っています。担任制をとっており、一人の生徒さんに一人の担任教師がつき、英語学習に関する相談をはじめ、日常生活全般にわたっての窓口になっています。もちろんすべて英語のやりとりになりますので、伝えきれない部分や直接マネージメント側に伝えたい点などは、日本人スタッフのところに来ていただきます。

入学時のレベルテスト、卒業時の終了テスト以外に6週間ごとにプログレステストを行い、結果をグラフや各受講先生の評価コメントなどとともに生徒さんにフィードバックしています。

 7)学生の生活を支援しするための福利厚生として工夫として行っていること

不定期ですが、卒業パーティーを行っています。またこちらも不定期ですが、アイランドホッピングなどの休日アクティビティも行っています。

 8)英語以外に何か学校で生徒さんが体験できること

大学付属の語学学校のため、大学側の英語クラスや、希望があれば学部クラス
IT学部HRM学部の授業なども聴講は可能です。

 cega

オーナー紹介 小仲英樹さん

私はもともと日本以外の文化圏で生活してみたいという願望が強かったのですが、40歳を目前にし、実行するなら今しかないと思い立ち、妻と2歳の息子とともに日本を離れました。
当初は仕事の関連性と妻のすすめもあり、ニュージーランド移住を計画し、そのために必要な英語力を限られた予算で身につけたいとの思いで、調べまわってみると、当時はまだ日本ではマイナーでしたが、フィリピン留学というのがあることを知りました。


日本の留学代理店に聞くとどこも、フィリピン留学などやめたほうがいい、お金をドブに捨てるようなものだとネイティブ国留学をすすめられましたが、コストが安いので、だめもとでという思いで、当時、フィリピン留学を扱っている数少ない代理店を通じてとりあえず3ヶ月の計画で留学しました。

実際来てみると、マンツーマンの狭い個室でべったり英語漬けとなり、想像以上の濃厚な授業に圧倒されてしまいました。このようなコストパフォーマンスに優れた留学スタイルがまだ一部の代理店などからしか紹介されておらず、また大手の代理店が、かたくなにネイティブ国留学をすすめる現状に違和感をおぼえました。

そこで私の留学経験が、フィリピン留学という日本人誰でも留学できる時代の到来の幕開けの一助となることができるのではとの思いが強くなり、ニュージーランド行きからフィリピンへ方向転換し、その後セブに移り住みました。


それからかなり時間をかけ、フィリピンの数多くの学校で学んだ後、CEGA設立へとこぎつけました。
私の役割は、単に安価に英語教育を提供することだけではなく、少しでも多くの日本人に語学留学というきっかけを通じて、自分の知らない世界を五感で感じ取り、自分の広い可能性を知ってもらえることです。
日本の中だけにいるとどうしても、ものの見方が一面的になり、それで自分自身の可能性を潰してしまっている
方をを多く見ます。

まずは外にでてみること。それから考えても遅くないと思います。
自分自身の可能性を探る、また見つめなおすきっかけ、その入り口として日本から近いフィリピン留学を
位置づけることができるようになることが私の願いであり、微力ながら日本人の国際化の一助になれたらと思います。

-----------------------------

学校のHomePage へ

資料請求フォーム

お申込みフォーム

-----------------------------