マザーテレサの孤児院

マザーテレサはインドで活躍した、あまりにも有名な修道女です。彼女亡き後、その意思を受け継いだシスターが多くの国々で貧困層の救済活動をしています。

サンプル
施設での動画撮影は禁止されています。静止画に関してはシスターの許可をとること、ご理解ください。

 

可愛い子供たちも、本当は寂しんです。

マザーテレサの修道院では大事なことを子どもたちからおそわりました

子どもたちはみんな良い子で笑ってくれたり、駆け寄って抱っこしてと言ってくる子どもたちがほとんどでしたが、ずっとママ~っ て泣いてこっちも見てくれない子もいました。

ある1歳くらいの男の子がいたんですが、その子は私がボランティアで来る1週間前に来たばかりの子で泣いてはいなかったんです が、ずっと寂しそうな顔をしていて…
私はその子を抱っこしていたら、徐々に笑顔をたまにですが見せてくれるようになって、そしたら私のことをママって呼び始めて少しでも離そうとしたり抱っこから下ろそうとしたり、ほかの子と遊ぼうとするだけで号泣 してママ~って泣き叫んでいました。
帰らなければならない時も、下ろして鞄を取りに行こうとすると、ママ~と泣き叫んでよちよち歩きながら私のところまで来てくれました。その時本当に私の子にしたいと思いました(笑)

nsmailそれからボランティア4日間はずっとその子の世話をしていました。
お風呂も食事も離すと泣いちゃうのでずっと抱っこしたままでした。
私が部屋に入ると自分からママ~って言いながら寄ってきてくれて、本当のお母さんになった4日間でした。

最終日のバイバイするとき、感づいたのかなかなか離してくれなくて、下ろしても私の目の前で泣き暴れて、ママママ言ってくれて…
下ろしても追いかけてきてシスターに渡してもずっと泣き叫びながらママって呼んで私のほうを見ながら手を広げながら抱っこを求めてきて…
別れるのが本当に辛くて私まで号泣しながら最後までその子を抱いていました。
シスターやスタッフ、ほかの参加者の方からもsame face だよ、とか日本に連れて帰り、なども言われました。
もしできることなら本当に連れて帰りたかったです。

でもまたいつか会いに来るとシスターや現地の子たちと約束をしました。
またあの子へ、あの子たちへ会いに行きたいと思います。

自分がどれだけ恵まれてるのか、両親がいることがどれだけ幸せなのか、当たり前だと思っていたことが本当は1番の幸せなことであったりだとかたくさん大事なことを子どもたちからおそわりました。

またぜひ行きたいと思っています。

 

セブ孤児院ボランティアに関しての参加詳細

○参加時期は通年参加可能ですが、クリスマス時期など、受入できない時期もありますので、前もってご希望をお知らせください。

○マザーテレサ修道院は貧困層の地区にありますので、毎回現地スタッフが同行します。

※2006年からこの場所でボランティアをしていますが、誰一人危険な目にあった人はいません。マザーテレサ修道院はこの地域の医療センターにもなっているので、そこでボランティアしていることが地域の人々もわかっているのです。しかし、念の為に毎回スタッフが同行いたします。

○セブ市内の別の孤児院で活動していただく場合もあります。

参加条件

セブ孤児院ボランティア活動プログラム 参加費用(消費税を含みます)
高校生の方はお申込みできません。

1週間72,000円
2週間92,000円
3週間112,000円

春休み、夏休みは地域開発活動プログラムの活動の一つとして提供しています。お問い合わせください。
延泊をご希望の場合は可能です。お申込の際にお尋ねください。

1名様から参加可能です。1週間は6泊7日となります。

申込の方法、その流れに関してはプログラム参加への流れのページをご覧ください。

参加の際にはプログラムの参加条件をご覧ください。
個人情報の規定に関してはコチラをご覧ください。

参加費用に含まれる項目

現地到着時の、セブ国際空港から宿泊施設までの送迎

※CECがしているする便で到着ください。指定便以外でのご参加の場合には往復3000円の送迎費用を申し受けます。

帰国時の宿泊施設からセブ空港までの送迎

宿泊施設の滞在費用(食事は含まれません) ●期間中の滞在はホテル、または現地の専用宿舎になります。どちらになるかはご出発前にお知らせいたします。1部屋2名-4名滞在となります。活動で利用する専用宿舎の案内 (別ウインドウで開きます)

現地オリエンテーション

滞在期間中の現地でのサポート
●サポートは現地フィリピン人コーディネーターになります。

参加費用に含まれない項目

セブまでの往復航空券と各種税

航空券は提携する旅行会社を紹介することも可能です。

食費
1日1500円程度から。フードコートなどを利用します。

セブ到着後の現地交通費

宿泊先から各ボランティア活動先施設まではタクシーで移動。費用は活動施設により異なりますが、片道約数150円~500円程度です。同時期に参加されている方でタクシー代金を割ります。

チップ
タクシーなどで、若干20-30円程度渡します。

海外旅行保険加入費用

ビーチリゾート等、観光地費用など、個人的に使う費用

オプションとして現地コーディネーターが提案する企画(ゴミ山視察、マンゴ工場見学、ギター工場見学等)

参加者感想文 無料で郵送いたします

いままで参加された方達から多くの感想文やメッセージをいただいています。ごゆっくり読んでいただくために、郵送で感想文をお送りさせていただきます。(無料発送します) 下記のページからお名前、住所をお知らせください。

資料請求

感想やメッセージを手軽にご覧になりたいかたは下記の2つのページから御覧ください。

参加者からの声

参加者感想文

お申し込み

参加申し込みの際にはプログラム規約と、個人情報取り扱いの案内を御覧ください。

下記のWEB申込から入力いただき、送信ボタンを押してください。その後に必要な案内がすぐに自動メールで送られてきます。

申込金20,000円を所定の口座におふりこみください。この申込金の20,000円はプログラム費用のなかの一部です。残金はご出発前に請求書をお送りさせていただきます。

申込

※各種割引のご案内

早割り 出発より3ヶ月以上前のお申し込みで4,500円、2ヶ月前で3,000円の割引適用 (但し、書類提出の期限等条件あります。)

ご一緒参加割引 ご友人同士などで、同一のスケジュールで2名様以上が一緒に申込みいただく際にお一人様に付き、提示されているプログラム費用から5,000円の割引をいたします。

リピーター割引 以前CECのプログラムに参加された方は、その旨ご連絡ください。特別料金をご案内いたします。

※ 上記の各種割引が2つ以上当てはまる場合、一番割引率の大きいものを一つ摘要させていただきます。ご了承ください。

私達が自信をもつポイント

1)CECは一般社団法人JAOS留学協議会の正会員です。大阪に本部を持ち、東京、名古屋、大阪、福岡などで定期的に説明会やオリエンテーションを行ないます。渡航中(参加期間中)にも、緊急の連絡を日本のオフィスで取り次ぐことができなど、家族の方に安心していただけることが一番の理由だと考えています。

2)1988年から30年近くの経験をもちます。この間に培った多くの国々への派遣が可能。リピーターの方々には特別の費用や、リピーターの方達だけの特別手配プログラムなどを提供しています。

3)セブのボランティアプログラムに参加する方には、現地のNGO活動のメンバーになっていただける機会があります。次回以降の参加に関して、特別待遇を受けることが可能です。

セブ>活動一覧

  • セブボランティア

    南国の島セブには多くのストリートチルドレンや孤児がいます。世界的に有名なマザーテレサ修道院孤児院が運営する孤児院での活動。同じ子供たちの御世話をすると、深い絆が生…

    孤児院

  • セブボランティア

    セブ市内ので活動する複数のNGOの協力で可能になったプログラムです。ストリートチルドレンへの給食、ゴミ山に住む子供たち、遺棄された墓場をすみかとしている家族など、多くの…

    地域開発

  • セブボランティア

    リゾートビーチで有名なセブ島。身寄りのない高齢者の施設での身の回りのお手伝いをおこないます。午前中が活動なので、午後から孤児院で活動したり、英語学校にいくことも可能…

    高齢者

  • セブボランティア

    セブ市は人口70万人のフィリピン最古の都市です。この町の幼稚園では子供たちが元気に育…

    幼稚園

  • セブボランティア

    フィリピンのセブで、英語の勉強をされている方が、週末だけボランティアしたい、セブの…

    英語&ボラ

  • セブボランティア

    セブの語学学校で勉強し、週に3回日本語教室でボランティアしてみませんか、現地で働く…

    日本語ボラ